→の逆アクセスランキング上位様更新情報

2008年08月05日  PR ラブコスメティック

政治家が消費税を上げたい本当の理由

なぜ無駄な出費を減らさずして、消費税を上げようとしているかずっと疑問だったのですが、答えは思いがけないとこにありました。

答えは?→ranking

ニヤニヤしてる顔画像

これは、私なりの答えですので、実際は違うかもしれません。
ただの空想です。


始まりは、消費税について調べ物をしている時では
ありませんでした。

御手洗 冨士夫について、あまりよく知らなかったので
よく名前がでるので、ある程度知っておこうと
思ったのがきっかけでした。

まずはwikipediaで調べてみる事に・・・

RANKING
御手洗富士夫 (wikipedia)

下の抜粋した記事を読むと、ざっと印象は、欲の強い守銭奴っていうとこでしょうか・・・

キヤノン社長時代には、従業員に対して、夏休みの短縮、成果主義の導入、フレックスタイム制の完全廃止、独身寮・社宅補助の完全廃止、基本給以外の諸手当(残業以外の扶養手当、住居手当など)全面廃止などを行った。

キヤノンUSA社長時代には、秘書に事前に中華料理、フランス料理、日本料理といった3件の予約を課していた。その日の気分で選び、2件はキャンセルさせるというわがままぶりを発揮していた

請負の法制について「無理がありすぎる」と不満を表明[4]した。 その一方で、キヤノンの役員報酬は2003年に1億3900万から2006年の間に2億2200万と二倍近くに引き上げている。

偽装請負問題が表面化すると、経団連会長の立場で「派遣法を変えろ」と言い放ったりする (引用:wikipedia)


会社からすると派遣って、すごいウハウハなんでしょうね
派遣は自由に働けて良いイメージもありますけど、
実際は企業が必要だからって、どこかの本に書いてきがします。


そして気になったのがこれ!

2007年1月1日には、消費税率を“2011年度までに現行より2パーセント程度、その後さらに3パーセント程度上げ”提唱を含んだ、「希望の国、日本」(御手洗ビジョン)を発表した[8]。

一方で、法人税は実効税率を2015年度までに約10パーセント下げるべきだと提唱をしている。

また、それらの目的の実現のために自由民主党への多額の政治献金を経団連会員である企業に促し、御手洗自ら会長に就いているキヤノンも率先して年数千万円程度の献金を行うことをすでに決定している。[9](引用:wikipedia)


気になったのは
なぜ消費税をあげたがるのか?というこです。

最初は法人税を下げるかわりに、国民全体で負担する消費税を上げてくれっていうことだと思っていました。

しかし、実際は違っていました・・・

・・・・

もっと深く裏の事まで調べてみたいと思い
御手洗富士夫 きっこで検索!

RANKING
経団連は売国連(きっこのブログ)

輸出戻し税というシステムがあったんですねw
はじめて知りましたw

これが、みそのようです。

読んでいく限り、かなりウマーな仕組です。
輸出戻し税の分かりやすく説明されてるのもありました。

RANKING
ニラ茶でわかる消費税のからくり(非国民通信)

国内が住みづらくなろうと、輸出で儲けてる企業にとっては
がっぽり輸出戻し税により、お金が入っちゃうから良いわけですね。会社が儲かれば役員報酬とかで、たくさん懐がうるわっちゃうってことでしょうか・・・

それで政治家も消費税を上げたがる・・・

未来が消費税上げて→輸出戻し税廃止って流れになると
こんどは消費税さげろといってくるのでしょうか。
大慌てでしょうね。

働く日本人がいなくなっても海外の人達を雇用すれば
いいだけですし、
働き手に困るっていう不安もないのでしょう。

格差が、どんどん広がっていくわけです・・・rankingへTT



この記事へのTrackBack URL

新着記事
東急ハンズ売上No1シャンプー!どうしてそんなに売れてるの?
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。